2011年05月29日

Mosogley

Mosogley.mp3

Peculiar Smoke / Mosogley
[PS-123]
[6.26/192kbps/8.83MB]





手抜きになるほど長くなるのであります。
しかし遊んでいたわけではなく
前回SoundFont素敵やんと実感したので
ProteusVXやら一山いくらのライブラリーCDやら
3000円位の中古エフェクターやらを
色々確保したりセッティングするのに疲れて
肝心の曲の方は使い回しのタイフーン。
サウンドライブラリーはあまり使える音じゃなかったけど
中にMIDIデータが混じっていて
これをProteusVXで鳴らして素敵やん、
ストリングスをKorg SDD-1200に通して素敵やん。
それをSuite8を導入した頃につくった
グリッチビートを足してお手軽に済ませました。
posted by pecsmo at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Track | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

Lenoubin

Lenoubin.mp3

Peculiar Smoke / Lenoubin
[PS-122]
[3:34/192kbps/4.90MB]



色々展開に悩むより少ないセッションで
適当に骨組み作って適当に音を足す方が
簡単にできて曲も長くなると
前回気付いたのと
AbletonLiveでSoundFontが使える事を
少し前に知り、秘蔵していた
ModuleMania"VintageInstruments"
を投入したことで
2011年にこんな音に。
音楽制作を始めた時のサウンドカード
SoundBlasterで使うために
購入するもロクに使わず
早十年、貧乏性のおかげで
やっと陽の目をみました。
土台のビートがもう少しまともなら
これこれでありなような気が
今のところしているのだが
一ヵ月後に聴いたら絶望するのだろうか。

[状況メモ]
気分はやや上向きか?
ケーブルでやっていることは
知っていたけどスルーしていた
「ふぞろい〜」をつい観たら
女子三人がピチピチでたまらん。
やっぱり最初から観て
ひとみの胸を拝めばよかったと後悔。
こんなにかわいい「まゆげ」ちゃんが
後にプッツンして安全工事でDVとは。
でもやっぱりoleはさとみが……。
posted by pecsmo at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Track | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

Aztelack

Aztelack.mp3

Peculiar Smoke / Aztelack
[PS-121]
[6:17/192kbps/8.64MB]




だらだらと6分。
長い、無意味に。
半分にシロヨとは思うが
削り所を失って放棄。
そもそも最初はこれと
真逆のシンプルなグルーヴに
するはずが煮詰まって
使い回しネタで
一週間ちまちまと
セッションを組み立てるも
いつまでたっても
アレンジャービューに
流し込める展開が
出来上がらないので
やけくそで
適当に抜き差したのが
この曲の土台。
デタラメに押したわりには
なんとなくできているので
とりあえず流し聴きして
使えそうなポイントを
見つけようとしているうちに
ありなような気がしてきて
いやシカシ、一週間かかって
できなかったものが
6分で片が付くというのも
どうなのかとリプレイしてみるも
もうわけがわからなくなり
あきらめて適当に
音を付け足して終了。

[現状報告]
夢で狭い所に入ることになり
ああole閉所恐怖症だけど
大丈夫かと思いつつ入ると
案の定呼吸が苦しくなり
そこで目が覚めて
一瞬息が苦しくなり
あわてて深呼吸を繰り返して
落ち着くも
これはアノ過呼吸の
一歩手前なのではないかと
ちょっとビビル。
ストレスに心当たりが
ないでもなく。
一応元気だけど。
がんばれ、ole。
posted by pecsmo at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Track | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする